AppleがiPhone6sシャットダウン問題の確認サイトを公開

私もまさかの対象者…

当ブログをお読みいただきありがとうございます。

意識低いおじさんのオオサワ(@hikui_ishiki)です。

私はiPhone6sを使っているのですが、最近バッテリー残量20%くらいで電源が切れてしまうことがあったんです

「まだ1年だけど結構へたってきたなぁ・・・」なんて思っていたのですが、どうやら不具合だったようで・・・。

Apple社いわく、

ごく一部の iPhone 6s が突然シャットダウンする (電源がオフになる) 場合があることが判明しました。これは安全性に関わる問題ではありません。この問題の影響が確認されているのは、2015 年 9 月から 10 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6s のみです。

とのことなのでさっそく確認してみると、冒頭に書いたとおりオオサワも対象者でした…。

確認方法をご紹介しますので、iPhone6sをお使いの方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
336×280広告

確認方法

1.シリアル番号の確認

iPhoneの「設定」アプリから、「一般」→「情報」の順にタップするとシリアル番号が確認できます。

img_7695img_7696img_7697

長押ししてコピーしておきましょう。

2.自分のiPhone6sが対象か確認する

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」サイトの入力欄に先ほど確認したシリアル番号を入力し、「送信」をタップ。

すると、対象の場合以下のように表示されます。

img_7693

3.交換手続きを行う

対象端末を利用していた場合、無償でバッテリーを交換してもらえます。交換方法は以下の3つ。

  • Apple正規サービスプロバイダに持ち込む
  • Apple Store直営店に持ち込む
  • Appleサポートから配送修理を依頼する

オオサワは配送修理を依頼することにしました。

img_7698

事前準備

配送修理はiPhoneを預ける前に準備が必要でした。これが結構しんどい。

  • iTunesまたはiCloudでデータのバックアップを行う
  • ケースやフィルムなどのアクセサリ品を外す
  • 設定アプリからiPhoneのデータを初期化する

オオサワは電車内で人に画面を見られるのが嫌でガラスタイプのプライバシーフィルムを貼っているのですが、結構高いので剥がしたくないんですよね…。とりあえず、ダメ元で張り付けたまま修理に出してしまおう…。

注意点

この修理はAppleが行っているもので携帯電話会社では行えないため、携帯ショップでは受け付けてくれません。

また、Apple Store直営店への持ち込みは事前予約が必要です。予約無しで来店すると無駄足なので気を付けましょう。

あとは待つだけ

配送修理では運送会社が自宅まで引き取りに来てくれるので、配達の方に端末を預けて後は待つのみです。大体1週間以内には戻ってくるとのことですが、はてさて。

代替機はどうなるんだろう。とりあえず一時的に5sを引っ張り出してきて頑張ってもらおうかな…。

スポンサーリンク
336×280広告
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする