敷き畳「ここち和座」レビュー!フローリングに和の空間を!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。

意識低いおじさんのオオサワ(@hikui_ishiki)です。

和室、良いですよねー。落ち着いた雰囲気と畳の香り。なんだか無性に落ち着きます。

私はこれまで和室のある家と無い家に交互に住んできたのですが、マイホームを購入する直前まで住んでいたマンションには和室があって、いつもゴロゴロしていました。

しかし、縁あって買うことになったマイホームはすべてフローリング和室無し。

そんなこんなで床生活大好きな私は長いネットの旅路の果てに、こんな物を買ったのでした!

スポンサーリンク
336×280広告

「ここち和座」

和室が欲しいけど洋室しかない・・・そんな方にマストバイ。それが「ここち和座」です。

上のカタログ写真のとおり床に敷くシートです。今回はこちらをレビューしたいと思います。

どんなものか?

平たく言えば、正方形の畳風シートです。畳風であって畳ではない。カラーはこんな感じで、私はダークを購入しました。

実はこれ、和紙で出来ているそうです。

そのため、い草の香りは残念ながらしないのですが、その代わり畳より3倍耐久性が高く、日焼け・色あせしにくく、カビやダニに強く、防汚加工されているので汚れも付きにくい。

素材は和紙だけど相当丈夫に出来ているようです。

現物

さて、このレビュー書くためにわざわざリビング片付けたので、実物の写真をご覧ください。

ティッシュは比較用です。他になんもなかったんで・・・。

大きさは82センチ×82センチ。重さは約3キロとのこと。3キロなので、女子中学生くらいでも多分持てます。成人なら性別問わず片手で楽勝。なので移動が楽ちん。

表面の拡大画像です。黒と茶色の細長く加工された和紙が緻密に編み込まれて作られています。和紙なのでビニールっぽさも無し。

和紙というので耐久性は不安でしたが、使い始めて2ヶ月経ったけど全く問題なし。普通に歩いたり寝転んだりするくらいじゃほつれもしません。

こちらはひっくり返して裏面。全面が滑り止めになっていて滑りません。

体重を支える物なので滑ると危ないですが、小さい子がスライディングしても大丈夫そう。使っているとじみーーーにミリ単位でずれてくるんですが、その程度ですね。

続いて厚みです。約1.3ミリでティッシュ箱と比較するとこのとおり。

素晴らしいのがつま先に突っかからないところ。なのに畳に近いクッション性があって、ぐっと力を入れるとじんわりへこみます。普通の畳と比較するとほんの少しだけここち和座の方が堅いような気もしますが、違和感は全く感じません。薄いからって堅いなんてことは無し。横になった時にフローリングの堅さを感じることはない、と書くと想像しやすいでしょうか?

6枚買った

どーん!!!

ティッシュ箱が良い感じに比較対象になってくれてますが、1枚が82センチ×82センチなので、この画像だと縦246センチ×横164センチくらい。敷き布団は余裕です。私は身長が低いので、かかとを端に合せて横になると頭以外は2枚で収まります。

ちなみに82センチって座布団より2周りはでかいです。縦に3枚並べてもよほど体がでかくない限り大人でも収まるサイズかな。

別の角度からも。寝っ転がりたくなりません?

つなぎ目

シートは1枚ずつ独立していて、特に接続するためのくぼみやパーツなどはありません。シート同士を並べて敷くだけなのですが、つなぎ目はこの通り、結構きっちり揃います。

端の部分は直角になっている訳ではなく丸みを帯びていますが、シート同士をくっつけるとこのように隙間はほとんど出来ません。

先ほどミリ単位でずれると書いたのはこの部分。使っていると本当にちょっとずつですが、フローリングが見えるようになってきます。もちろん毎日直す必要はなくて、1週間に1度直すか直さないかってくらい。

敷き方

これと、

これ。

違いは分かりますか?編み目の流れを交互にして敷いてみました。多分、上の画像は編み目の流れが合ってない奴で、下の画像は上から下へ編み目が揃っている・・・はず・・・。

まあ、ちょっとした気分転換に気軽に配置換えが出来ますよという話でここはひとつ。

この手のシートは決まって角からほつれてくるイメージがあるので、じっくり見てみました。

ついでに6枚重ねてみました。

ちょっと「あれ?」って感じですね。荒いというかなんというか。

角の部分は接着剤みたいな物で保護されているようです。見た目はあんまりよくないんですが、これまでの画像を見返してもらうと分かるとおり、実際のところ薄いことも相まって目に入ることはほとんどありません。

こうして6枚重ねたからより目立っているという感じ。

6枚重ねた厚みはこのくらい。4枚=ティッシュ箱1つの厚みくらいです。

ちなみに1枚3キロなので、6枚だと18キロ。流石にこれをいっぺんに持つのはきつい。

角の後ろ側のアップです。ここもちょっと荒い感じですが、今のところほつれてくるようなことはありません。とはいえ、壊れるとしたらやはりここからだろうなぁという印象。

まあ、ボンドでも付ければ問題なさそうです。頻繁に動かす物でもないですしね。

使用イメージ

座椅子とテーブルを置いた時のイメージです。

座椅子の背もたれがでかい分、テーブルが小さく見えますが、一応このテーブルで毎日夫婦で顔合せてご飯食べているので、それくらいの大きさはあるもの。

異なる角度から。

向かいに座椅子を置いて2人で過ごすには丁度良いスペースです。

真正面から。

購入を迷っている方、なんとなーく使用イメージ掴めましたでしょうか?

実際に使ってみて

この大きさなので買ってみてだめだったら粗大ゴミだな・・・と不安を感じながら思い切って購入しましたが、箱から取り出した瞬間から今に至るまで後悔は全くありません。

上記のとおりい草じゃないので匂いはしませんが、作りはしっかりしているし日焼けによる変色も少ない(我が家は全く感じない)ので、長く使えると思います。

また、掃除機をかける際も1枚が軽いのですぐに移動出来ますし、ふにゃふにゃしている訳でもないので一時的に壁に立てかけたりなんかもOK。

私も機会があったら違う色を購入して交互に敷いてみたいのですが、唯一の欠点は価格でしょうか。1枚5000円くらいするので、同じような本物の畳の商品より高かったりします。

おすすめ!!

これは本当に買って正解でした。

販売元が大建工業株式会社(昭和20年創業の老舗!)というところで、しっかりした大きい会社というのもポイントの1つでしょうか。ぶっちゃけ私はよく知りませんが、長く存続している会社という時点で安心感はあります。4~5年後に再購入する際もまだありそうだし。

他の類似商品と比べると値段は高めですが、検討中の方は是非ご一考を。

本記事が参考になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク
336×280広告
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする